元気な野菜を収穫して自分も元気になろう

エクステリア

元気な野菜を育てるためのコツ

花

育てたいと思っている野菜の特徴を知る

育てる野菜の生態について詳しく知りましょう。具体的にはまずどれくらいの大きさになるのか見当をつけてから植えるというのが大事です。植物が成長してから株同士の間隔が狭すぎたということでは、せっかくの野菜の成長が阻害されてしまいます。その植物がどれくらいの大きさになるのか見当をつけ、どれぐらいの幅で植えれば効率よく収穫できるのかよく考えましょう。初心者のうちは、インターネットや本などで間隔の目安を調べ、それに従うと良いでしょう。

背が高くなる植物は南側に植えない

背が高くなる植物は、北側に配置することが畑のポイントです。背が高くなる植物を南側に配置してしまうと、他の植物に対して影を作ってしまいます。日陰が多い畑では植物が光合成がうまくできず、野菜などの成長が悪くなってしまいます。比較的背が伸びる野菜はトマトやきゅうり、とうもろこしなどです。これらの植物は北側に植えた方が無難です。畑の配置を考えるのはワクワクしますが、理にかなった並べ方が必要なのです。

栽培の難易度について考えてみよう

比較的栽培が難しい野菜はどんなものでしょうか。ポイントとして、栽培の期間が長いものは収穫が難しいといえます。栽培期間が長い分、虫がついたり、病気かかったりしてしまう可能性が高くなるからです。初心者のうちはなるべく栽培期間が短いものを選ぶと良いでしょう。栽培の期間が短い野菜は、ほうれん草や小松菜などの葉野菜です。また、栽培中に枝を整えたり、枝が伸びる場所を誘導したりしなければならない野菜も難易度が高いと言えるでしょう。成長していく場所の誘導が必要な野菜は、そういった植物専用の農業資材が必要です。

野菜を上手に栽培することは人間関係と似る

野菜を上手に栽培するということは、人間関係に例えられます。野菜を育てるには、自分1人の力ではどうにもならない部分が大きく、畑や土の環境や天気などが大いに関わってくるからです。元気な野菜作りのためには、自分以外の要因と上手く付き合っていくことが必要です。時には土に肥料を加え、虫を除去します。また、野菜に気を使いながら毎日水をやらなくてはなりません。野菜それぞれに性格があり、個体によっても成長具合や大きさが異なります。野菜作りを、なんらかの関係性を構築していくことと考えると、長期的な目線が生まれ、最終的には質の良い野菜が収穫できます。